葉酸について

葉酸は、ビタミンM、ビタミンB9、テプロイルグルタミン酸とも呼ばれていて、水溶性ビタミンに分類される生理活性物質のことを言います。

生体内では、ヌクレオチド類の生合成やアミノ酸の代謝、たんぱく質の生合成、ビタミン代謝に関与しています。
遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠な栄養素です。赤血球の合成、アミノ酸の合成やたんぱく質の生成促進作用があります。
皮膚の粘膜の強化、校内粘膜の強化などの効果もありますので、冬の寒い時期や乾燥する時期に粘膜を守ってくれます。
日本人の葉酸摂取状況。
国民健康・栄養調査結果から日本人の平均した摂取状況は十分な量であることから、通常の食事では摂取不足になる心配はないと言われています。
しかし、新進中の女性は必要量が普段の2倍近くになるので不足しやすくなります。
そのため積極的な摂取が望まれます。特に若い女性が極端な食事制限によるダイエットで葉酸不足になるといった場合、初期の妊娠で気付かないうちに胎児に悪影響を及ぼすリスクもありますので、注意が必要です。

http://www.ice-hockey-jersey.com/