体内での酵素の役割とは?

酵素は我々人間にとって生命維持に欠かせない存在です。酵素は体内で作られるのですが食べ物を消化するのに働く消化酵素、取り入れた栄養素を各細胞に運び、エネルギーに変換したり、呼吸したり心臓を動かしたり、老廃物を体外に排出したりする働きを持つ代謝酵素とに分けることができますが、どちらも出元は同じなのです。体内の酵素の量は限られており、消化に酵素を消耗してしまえば代謝に酵素を回すことができず、スムーズな代謝を行うことができなくなり、それが原因で例えば便秘になったり、老廃物が排出されにくくなると毒素が体内に滞り、免疫力が低下したりして病気がちとなってしまったりするのです。つまり食べ過ぎはNG!ということですね。体調管理、体質管理、ダイエット等を行うのであれば、体内の酵素を出きるだけ代謝の妙の酵素として温存しておくことが重要なのです。体内の酵素が不足がちの場合は体外から取り入れるより他なく、酵素をたくさん含む野菜、果物、発酵食品を積極的に取り入れることも大切です。また、サプリメントで酵素を補うことがおすすめです。食べ物を消化するための酵素は体外から、体内の代謝を促進するためには体内酵素をすべて代謝に注ぎ込むくらいがよいのかもしれません。